忍者ブログ

[PR]

2020/04/08  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お譲りするに当たって

2013/03/20  カテゴリー/お譲りするに当たってのお願い

◆ 生体のお譲りに関してのお願い ◆   2013/11/21加筆

・初めてお問い合わせくださる場合はメールでお願いします。
・お問い合わせをいただくときはご氏名、お住まいの都道府県程度をお知らせください。
 ハンドルネームは不可とさせていただきます。
 価格だけ聞いて連絡無しのかたが多いので常識のあるかたへ返信させていただきます。

・特別な場合を除いて、すべての鳥が有償となります。
 価格は個体の状態によって異なりますのでお問い合わせください。
  ペットショップの価格より安いとは限りません。
 大事にしている親鳥の血統を残したくて、とりあげた小さなヒナを大切に育てています。
 しかし、すべては残せないので雛をお譲りする際は少しでも良い状態で里親様の元へ
 お渡しできるように 管理しています。
 お渡しするときにはそれまで食べていた餌を持たせて、
 お譲り後の飼育相談にもわかる限りおこたえし、永いお付き合いをさせていただいて
 おります。
 ペットショップやホームセンターの価格と比較される方は
 どうぞペットショップでお求めになってください。


・お譲りが決まった個体を一週間以上お預かりする場合は
 予約金として鳥代金の半額をいただきます。
 
・遠方のかたは実費をご負担いただければお届けも致します、ご相談ください。
 
 その際は代金前払いとなります。疑問な点はお迎え前にお尋ねください。
 遠方までヒナを届けに出向いても、連絡なしですっぽかす人や
 一人餌まで育てたのにキャンセルする人があとを絶ちませんので
 予約金のお支払いをお願いすることにいたしました。
 
生体の交換、代金の返金はお受けできません。
 
・ご予約をいただいた鳥が体調不良を起こした場合は
 お渡しの延期やキャンセルさせていただくことがございます。
 その際は全額返金をいたします。

・お渡しは、直接当方(埼玉県川越市)にお越し頂きます。
 仕事の都合上、近くで待ち合わせをしていただく場合もあります。
 業者様以外への発送はできなくなりました、対面販売のみとなります。
 
 
・当方は一般の家庭になります。
 日中は仕事をしているので電話に出られなかったり、メールをすぐに返信できない
 ことがあります。
 三日たってもこちらから返信がない場合は恐れ入りますがもう一度ご連絡ください。

・ 雛をご覧いただき、気に入った一羽をお選びいただくのは大歓迎です。

・ 親鳥に関しましては、飼育数の割に巣引き用ケージが不足しており交代で誰かが
 繁殖をしている状態です。
 ストレスやパニックの回避、感染予防の点から禽舎の見学はご遠慮ください。

 

◆ 飼料・用品のお譲りに関してのお願い ◆

・代金と送料をお振り込みいただいてからの発送になります。
・到着指定日の前々日(本州、四国)までにご注文ください。
・荷物が届きましたら、配達時に運送屋さんが帰る前に中身の確認をお願いします。
 袋が破損して餌がでてしまっている場合はその場で運送屋さんへお伝えください。
 


※ 皆様のご都合でキャンセルされた場合、
   すでに支払われた代金の返金には応じられませんのでご了承ください。




 

PR

お譲りするに当たってのお願い、追加です。

2010/02/05  カテゴリー/お譲りするに当たってのお願い

「べるかーじぇ」ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

ヒナや若鳥をお譲りしてきまして、一つ感じることがありました。

「べるかーじぇ」では、作りたい色や骨格など理想とするオカメを念頭に置き繁殖をすすめております。
種鳥には当然健全な個体を選別して、元気で性格の良いヒナを育成できるように飼料や環境づくりも心がけています。
後世にその種を残せるような種鳥づくりを目標に繁殖をしていますが、
ヒナは多数生まれてきますので里親さまにお迎えをお願いしている次第です。
いただいた代価は、飼料、通院、消耗品購入などに当てさせていただいています。

しかし、お迎えいただく大前提は 「オカメさんがうちにいるより幸せ」「新しい家庭で愛されること」であって、
お金もうけのためではありません。繁殖でお金は儲かりません。
新しいご家庭がどのように飼育されるか、私が口を出すことではありません。
ですが、今までお譲りした経験のなかで大前提が崩壊していると感じることがありました。

なのでお譲りするに当たってのお願いを追加させていただきます。

小さいお子さまがいらしたり、オカメの飼育スペースに犬、猫その他の動物を一緒に飼われる方は
その旨をお知らせください。


子どもや他の動物のオモチャや餌には決してしないでください、これは虐待です。

申し訳ありませんが状況によってはお迎えをご遠慮いただく場合もございます。
お譲り後であっても、飼育状態によってはオカメの返還を要求いたします。


オカメは穏和で平和な鳥です、しかし頑丈です、すぐに病気になるようなヤワな鳥ではありません。
末永く可愛がっていただけますよう心よりお願いいたします。